ドメインやコーディングがSEOにとって重要

ドメインパワーだけじゃないSEOコーディングのコツ

ドメインパワーはSEO対策で大変重要な位置を占めます。
検索エンジンに信頼されたという証でもあるためです。
結果的に検索順位を上げることに繋がりますが、ドメインパワーだけにこだわりすぎると失敗します。
というのも、他のライバルも同じように考えており、僅差であっても検索エンジンがライバルサイトの方を高く評価してしまう恐れがあるためです。 ドメインパワーだけでなく、SEOコーディングも同時に実施しましょう。
コーディングとは、サイトを表示するためのHTMLやCSSといったマークアップやスタイルに関係する言語のことです。
サイト作りの基本中の基本ですが、SEO対策では軽視されがちな部分です。
この部分に対策を行い、ライバルとの差をつけたいところです。 主にHTMLによる対策が有効です。
titleタグやmeta descriptionタグ、h1タグは重要な意味を持つHTMLのタグです。
特に注目したいのがtitleタグです。
検索キーワードとマッチするサイト内容であることを示すのに重要な部分ですので、全く関係のない文章にするのは避けるようにします。
titleの先頭部分に重要なキーワードを入れるのがコツです。 検索結果ページに表示されたときにtitleタグの文章が途中で途切れてしまうのは、SEO対策としては良くない状態です。
30文字くらいにおさめたいところです。 meta descriptionタグは、検索結果ページに表示される説明文を示すタグです。
全角で120文字くらいが表示されますので、この文字数内におさめるかたちで、閲覧者が訪問したくなるような内容にまとめておきます。
検索エンジンのクローラーにも、内容をわかりやすく伝えることができます。

TOPへ戻る