ドメインやコーディングがSEOにとって重要

グループポリシーでドメインネームサーバーの制御

グループポリシーは、Windows Active Directoryで構築された環境で接続されたコンピューターやユーザーの集中管理や設定の手段です。
現代のビジネスにおいて、情報の一元管理とモバイル環境での活用は不可欠です。
そのためコンピューターの接続管理は重要な業務となりました。
企業内で複数のコンピューターがサーバーに接続されて情報のやり取りが行われている環境において、管理する担当者はまとまった単位での設定を可能にしたいと考えるのは当然です。
一台一台のコンピューターをそれぞれ手作業で設定変更するのは不可能です。
それを可能にするのがActive Directoryという環境です。
グループポリシーを使うことでネットワークへのアクセス制御であるドメインネームサーバー(DNS)を一括で変えることも可能です。
これによりある条件にあった群に対して、アクセス権限をかけたり、セキュリティポリシーを変えるなどの作業まとめて行うことができます。
例えば、部署異動や昇格などによるアクセス権限の変更などもこの方法で行うことができます。
新たに構築したフォルダへのアクセス権限も集中制御することができます。
緊急時にアクセスを遮断することもできます。
例えばある部署から外部アクセスにより情報が漏洩していることがわかった時に個々のパソコンを調べるのではなく、ます、そのコンピュータ群を全て遮断することで漏洩を止めることができます。
個人情報保護からもネットワークの制御は素早さが重要です。
グループポリシーを上手に使えば、直接操作ができない遠隔地のコンピューターでも設定の変更が可能です。
営業所単位などの制御には便利なシステムと言えます。

TOPへ戻る