ドメインやコーディングがSEOにとって重要

サテライトはメインサイトのドメインの共存について

サテライトサイトとは衛生サイトともよばれ、惑星の周りをまわる衛星のようにメインサイトの周辺をカバーするサイトです。つまりメインサイトのテーマを細分化したサイトを作ったり、個別のテーマに特化したしたサイトを作ったりすることで、メインサイトだけではカバーできない幅広いユーザーを獲得することができるようになります。別にサイトを立ち上げることで、メインサイトへのアクセスや被リンクを稼ぐこともできます。
ただし、サテライトサイトも内容が薄かったり、気持ちを込めて運用しないと無駄になることありえるので、メインサイトをいくつも運用するぐらいの気持ちでやる必要があります。
そんなサテライトサイトを運営するにあたって、サブドメインやサブディレクトリを使ってメインサイトと同じドメインに共存させるか、独自のドメインにするか悩むところだと思います。そこで、共存させる時と独自の独自のドメインにする時のそれぞれのメリット・デメリットを紹介したいと思います。
共存させる時のメリットは、同じドメインなので検索の評価などを継承することができメインサイトの強化がしやすい、追加コストが不要なことなどがあります。デメリットは、1つのキーワードによる検索では同じドメインから複数ページがヒットしない、サテライトサイトからの被リンクが内部リンクとして扱われる、テーマ性が離れたサイトが作りにくいなどがあります。
独自ドメインを使う時のメリットは、テーマ性が離れたサイトでも作りやすい、同じテーマを扱っていても同じ検索結果に表示されるなどがあります。デメリットは、追加コストがかかることやサイトの評価が上がるまでに時間がかかるなどがあります。
手軽に運用したいのならば共存させて、より確実に効果を得たいのであれば独自ドメインを使うほうがいいでしょう。

TOPへ戻る