ドメインやコーディングがSEOにとって重要

ドメイン、game、逆引き設定についての説明

1つ1つ順番に説明していきたいと思います。
ます初めに、「ドメイン」についてです。
これは英語の「domain」がもととなっており、直訳は「領域、区域」という意味です。
よくインターネット関連のことで使われる言葉で、ある特定の部分領域を指す意味として使われていて、ネットでの住所のようなものでもあります。
ブラウザの上の方にあるURLというものの中に~.comや~.jpなどがあり、これをドメインといいます。
最もよく聞くのが、メールのドメイン指定をしてください。というフレーズですが、これはある特定のメールの送り主のメールの樹脂を許可するという意味合いで使われます。
ここでのドメインも領域や部分といった意味合いで使われています。
2つ目に「game」についてです。
これは、とてもよくつかわれる言葉で英語としての本来意味としては「勝負、遊び、試合、競技」などがあります。
また最初に書いたドメインと関連したことでいうと、最近あらたに.gameというドメインが開始されました。
最後に「逆引き設定」についてです。
まず逆引きとは何かということですが、普通ネットではサイトを開いたりする際にドメイン名をもとにIPアドレスを探し出すということが行われています。これを、正引きというのですが逆引きはこれとまったくもって逆のことをすることでDNSを用いてIPアドレスをドメイン名に変換することを指します。
そしてなぜ逆引き設定は必要なのかという話ですが、1つ目にスパムメール対策として使われることがあります。
逆引きできないIPからのメールはスパム扱いされことがあります。しかし、自分にとって必要なところからのメールがスパム扱いされることもあるので気を付けてください。
またアクセス元の査証を防止するなどの管理的な面で必要とされることがあり、逆引き設定は重要なツールとして使われています。

TOPへ戻る