ドメインやコーディングがSEOにとって重要

ドメインのwhois情報やbingで運営者を探す

特定のホームページとコラボレーションがしたいというポジティブな理由や、ホームページのデザインを模倣されたというネガティブな理由で、そのホームページを運営している人と連絡をしたいということは、よくあります。
企業が運営しているホームページだと、ホームページを運営している人について紹介しているページが設定されていることが多いので、連絡をとりやすいのですが、一般人が個人的に運営をしているホームページの場合だと連絡先が分からないということがよくあります。
そんなときは、whois検索を使って、そのドメインを所有している人や、サーバーを所有している人を調べることができます。
whois検索では、調べたいホームページのトップページのURLを入力すると、ドメインを所有している人の情報や、サーバーを所有している人の情報を表示させることができます。
しかし、whois検索は個人の名前が表示されるケースと、ドメインを管理している企業の情報や、レンタルしているサーバーを管理している企業の情報が表示されるケースがあります。
名前自体が個人名だったとしても、連絡先自体はドメインを管理している企業が表示されている場合もあります。
whois検索で表示された情報を一度検索エンジンで検索してみて、個人の情報か、ドメインを管理している企業の情報かを調査してみてから連絡を入れた方が良いです。
また、新たなホームページを開設したら、昔から自分が運営しているホームページから新たなホームページにリンクをすることが、よくあります。
ですので、ホームページの被リンク元を調査して、その人が運営しているする別のホームページを探すという方法もあります。
bingのリンクエクスプローラーの機能を利用して被リンク元のホームページを一部分だけ調査することも可能です。

TOPへ戻る