ドメインやコーディングがSEOにとって重要

SEO初心者に送る、ドメインを選ぶなら中古を選べ!

中古ドメインを利用するメリットの1つに、過去に使用されていた被リンクやページランクを引き継ぐことができるということが挙げられます。
これらは検索結果が上位に来るようにする働きがあるため、ドメインを引き継いだ場合は、SEOの面において、非常に有利な状態でウェブサイトの運営を始めることができるのです。
一方、新たにドメインを取得する場合は、被リンクやページランクが0からのスタートとなるだけでなく、数ヶ月の間は、検索結果に反映されにくくなるエイジングフィルターがかかった状態になるというデメリットがあります。
これらの不利な条件を背負わなくて済むことも、中古ドメインを利用する大きなメリットであると言えるでしょう。
ただし、中古ドメインは、被リンクややページランクなどの有利な条件を引き継ぐ一方、迷惑行為による規制やなどの不利な条件も引き継いでしまいます。
さらに、上述のような事情から、ドメインを取得する際には、新規のものよりも中古のものの方が高くなる傾向があります。
そのため、購入の際には、事前に利用履歴や業者の信頼性などを調べておかないと、かえって不利な状況に追い込まれることもあるのです。
さらに、使用する検索エンジンによっては、ドメインの再取得によって被リンクやページランクなどがリセットされてしまい、そのメリットを発揮することができなくなる場合もあります。
また、その名称は基本的に変更することができず、変更するとしても、煩雑な手続きが必要になるため、場合によっては、不本意な名称や、事業とは全く関係のない名称のまま使い続けなくてはならない場合もあります。
そのため、中古ドメインの利用を考える場合は、これらのデメリットも忘れないようにしましょう。

TOPへ戻る